ビジネスニュース
 
 

HOME > ビジネスニュースバックナンバー

ビジネスニュースバックナンバー
これまでのビジネスNEWSのバックナンバーをご覧いただけます。ビジネスのヒントにお使いください。

2016年 ビジネスNEWS 「バックナンバー」

◆「みかん(小原紅早生)」「野菜いろいろ」

いちご キウイ

12月は「いちご(えんぱちいちご)」「キウイ(香緑)」が届きました。
「いちご(えんぱちいちご)」は、毎年の定番になってきました。今年も美味しいいちごができました。
「キウイ(香緑)」は、香川県オリジナル品種で昭和62年に品種登録されました。 。「香緑」という名前の由来は、香川県の自然豊かな緑の美しさと、キウイフルーツの果肉の緑色から名づけられました。
糖度が高く、鮮やかな濃い緑色の果肉が特徴的なキウイです。

◆「さつまいも(坂出金時)」「にんにく」「はちみつ」「小松菜・リーフレタス」

野菜いろいろ

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

10月は「さつまいも(坂出金時)」「にんにく」「はちみつ」「小松菜・リーフレタス」が届きました。
「さつまいも(坂出金時)」は坂出市の塩田跡地の目の粗い砂地が金時イモの栽培に最適で、さらに塩田特有の塩が天然のミネラルとして溶け込んでいるため甘みが強いのが特徴です。
「にんにく」は香川県の特産のひとつです。さぬき市では黒ニンニクに加工されたものが有名です。
「はちみつ」はイチゴ農家さんで採取せれたものです。
「小松菜・リーフレタス」は産直で人気の農家さんのものです。水耕栽培で栽培され、リーフレタスはもちろん、小松菜もサラダで食べることができます。

◆「みかん(小原紅早生)」「野菜いろいろ」

野菜いろいろ 野菜いろいろ

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

11月は「みかん(小原紅早生)」「はくさい・だいこん・太ねぎ」「粉末うこん」が届きました。
「みかん(小原紅早生)」は露地栽培で、甘く美味しいみかんです。
「はくさい・だいこん・太ねぎ」は、お鍋のシーズンに最適なものばかりです。
低農薬栽培で冬メニューに欠かせないものを選出しました。

◆「さつまいも(坂出金時)」「にんにく」「はちみつ」「小松菜・リーフレタス」

野菜いろいろ

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

10月は「さつまいも(坂出金時)」「にんにく」「はちみつ」「小松菜・リーフレタス」が届きました。
「さつまいも(坂出金時)」は坂出市の塩田跡地の目の粗い砂地が金時イモの栽培に最適で、さらに塩田特有の塩が天然のミネラルとして溶け込んでいるため甘みが強いのが特徴です。
「にんにく」は香川県の特産のひとつです。さぬき市では黒ニンニクに加工されたものが有名です。
「はちみつ」はイチゴ農家さんで採取せれたものです。
「小松菜・リーフレタス」は産直で人気の農家さんのものです。水耕栽培で栽培され、リーフレタスはもちろん、小松菜もサラダで食べることができます。

◆「米(こしひかり)」「栗(銀寄栗)」「柿(太秋)」

みかん

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

栗 9月は「米(こしひかり)」「栗(銀寄栗)」「柿(太秋)」が届きました。
「米(こしひかり)」は寒暖差が大きい山間地のお米なので甘みがありモチモチ感の強いお米です。
柿「栗(銀寄栗)」は粒が大きくツヤがあり、甘みが強いのが特徴です。肉質は粘質で香りも高く、スイーツに最適な品種です。
「柿(太秋)」は表皮にまだ緑が残っている位から収穫され始めますが、渋抜けが早く、青いうちから食べることが出来てシャキシャキ感が楽しめます。

◆ ぶどう「シャインマスカット」「ブラックビート」「ピオーネ」

ぶどう3種

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

8月は「シャインマスカット」「ブラックビート」「ピオーネ」が届きました。
「シャインマスカット」は糖度が20%と高く、種がなく皮ごと食べることのできる品種です。冷蔵庫で2~3時間ほど冷やして軸ごと丸洗いし、粒をとってそのまま召し上がることができます。
「ブラックビート」は、「藤稔」と「ピオーネ」の交配種です。適度な締りの肉質と果汁たっぷりで、まさにぶどうのサラブッド的品種です。こちらも皮ごと食べることができます。
「ピオーネ」は皮をむいて果肉だけを食べます。召し上がる直前に水洗いをしてください。

◆「小原紅早生(ハウスみかん)」「枝豆」

みかん

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

7月は「小原紅早生(ハウスみかん)」「枝豆」が届きました。
枝豆 「小原紅早生(ハウスみかん」は糖度が高く、濃厚な甘みが特徴です。一般的なみかんより紅色が濃く、夏の盛りに冷やして食べると心地よい甘酸っぱさが広がります。
「枝豆」は、たい肥を存分に使用した、肉厚の枝豆です。産直でも大人気の商品です。。

◆日川白鳳(ひかわはくほう) アムスメロン とうもろこし(甘々娘 かんかんむすめ )

もも

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

6月は「日川白鳳(ひかわはくほう)」「アムスメロン」「とうもろこし(甘々娘 かんかんむすめ )」が届きました。
メロン 「日川白鳳(ひかわはくほう)」は果肉が白くやわらかな口当たりです。酸味は少なく多汁で、上品な甘さを持っています。
「アムスメロン」は、細かい網目が全体に綺麗に現れているものが香りや甘みが強く美味しいものです。常温で保存して食べる2,3時間前に冷やすと美味しく召し上がれます。
「甘々娘(かんかんむすめ)」は糖度が15度以上あり、生でも食べられるとうもろこしとして有名です。粒の皮が薄く、段違いの甘さが飛び出してきます。なかなか市場に出回らないため、幻のとうもろこしと言われています。

◆すもも(レッドスター) びわ(茂木)

すもも

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

5月は「すもも(レッドスター)」「ビワ(茂木)」が届きました。
びわ 「すもも(レッドスター)」は、昭和初期から小豆島で栽培されている特産品です。すももというと酸っぱいイメージがありますが、このレッドスターはその概念を打ち破る甘さです。
「ビワ(茂木)」は、長崎県茂木地区を中心に主に九州で栽培されています。甘みが強い品種です。 ビワはβカロテンやβクリプトキサンチンが多く含まれており、必要に応じて体内でビタミンAに変換されます。ビタミンAは皮膚や粘膜、消化器官などを正常に保つ働きがあります。

◆源内はっさく えんぱちいちご(さぬきひめ)

はっさく

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

4月は「源内はっさく」「えんぱちいちご(さぬきひめ)」が届きました。
いちご 「源内はっさく」は、さぬき市志度にある農園で作られています。はっさくは酸味の強いイメージがありますが、この源内はっさくは、とても甘く今までのはっさくのイメージを一新してしまいます。
いちごは、「さぬきひめ」。株式会社 喜多猿八のビニールハウスで、ロックウール水耕栽培によって作られた朝獲れたてのいちごです。長年の栽培ノウハウから収穫しています。

◆せとか(みかん)ミニトマト 新玉ねぎ

みかん

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。

3月は「せとか(みかん)」「Bee玉ミニトマト」「新玉ねぎ」が届きました。今までは果物が多かったのですが、これからは旬の野菜のお届けを計画しております。
ミニとまと
「せとか」は瀬戸内海の栽培に適したみかんです。大玉で果皮は非常に薄くてなめらか、そして甘みが強いのが特徴です。
「Bee玉ミニトマト」人気の商品です。フレッシュで最後には心地よい甘さが残ります。
「新玉ねぎ」は、元はミカン農家の方が栽培しているので山土のため土壌の水はけがよく、身が引き締まっています。苦みが少ないので生で食べることをお勧めします。

◆いちご(さぬきひめ) はちみつ(香川県産)

いちご

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。
2月は「えんぱちいちご(さぬきひめ)」「はちみつ(香川県産)」が届きました。 はちみつ
いちごは、「さぬきひめ」。株式会社 喜多猿八のビニールハウスで、ロックウール水耕栽培によって作られた朝獲れたてのいちごです。長年の栽培ノウハウから収穫しています。
「はちみつ」は、いちご農家などにミツバチを貸出して、そのミツバチから採取されたはちみつです。

★純粋はちみつ★
ミツバチがいないと農業は成り立ちません。山地養蜂さんのはちみつは、いちごだけでなく様々な野菜の花の蜜が混ざっています。それだけ、こちらのミツバチたちは香川県の多くの農家さんのお手伝いに貸し出されているということです。
喜多猿八さんの産直でも大人気の商品で、予約が入ることもあります。ぜひご賞味いただきたく今回の選出となりました。

◆いちご(さぬきひめ) みかん(袋掛け越冬完熟)

いちご

本物の美味しさが毎月届く、 喜多猿八の「うまいもん食らぶ」。
1月は「いちご(さぬきひめ)」「みかん(袋掛け越冬完熟)」が届きました。
みかんいちごは、「さぬきひめ」。株式会社 喜多猿八のビニールハウスで、ロックウール水耕栽培によって作られた朝獲れたてのいちごです。長年の栽培ノウハウから収穫していますので、大変人気があります。
香緑という名のキウイは、鮮やかな濃い緑色の果肉が特徴です。糖度が高く、濃厚な甘味の中にある爽やかな風味とジューシーな味わいをご堪能ください。

★袋掛け越冬完熟★
11月ぐらいまでに収穫する早生みかんの中で、果実の大きさ、糖度の基準をクリアした一部の樹だけにひとつひとつ袋をかかけます。さらに2ヶ月以上樹になったままで完熟状態にしたものを袋掛け越冬完熟みかんとよびます。普通のみかんよりも糖度が高く13度以上になります。内袋(じょうのう)も薄いため、とろけるような食感が楽しめます。カロテンなどの栄養成分多くなります。