HOME > 放言アイデア > 放言アイデア作品No.1041~1080

放言アイデア大募集
過去の放言アイデアを見てみると、現在、実際に商品化されているものも多々あり驚かされます。「こんなサービスや商品があったらよいなという発想が時代を作るのですね!

放言アイデア作品No.1041~1080

1041:話中電話順番待ちシステム 1042: おしゃべり傘「今日は私を連れてって」
1043:足の冷えを防ぐクリーム 1044 :オーダーメイドパッケージ
1045:パソコンソフト「遠くに行きたい」 1046:短期アルバイター派遣業
1047:会員制ファッションアドバイス 1048:肉声でメッセージ
1049:文房具自動販売機 1050:ノートがきちんととれるように
1051:授業の遅刻・代返は許しません! 1052:もっと安全な通学路を!
1053:システム生徒手帳 1054:黒板ハンドクリーナー
1055:五円玉や一円玉にも愛の手を 1056: われにくい消しゴム
1057:ホームフルカラーコピー 1058: 流行語豆辞典
1059:カタログ通信販売の期待と不安 1060:自転車の雨よけ
1061:白板マーカーの種類を豊富に! 1062:展示会レポート
1063:シャーペンの芯を無駄なく使う 1064:安全編み棒
1065:更紙でコピーを 1066:ロッカーに照明を
1067:あとの付かないバンドエイド 1068: Wデッキビデオ
1069:親展用FAX 1070: 178(?)
1071:臭いを抑えた防水スプレー 1072:音感が悪くても大丈夫だよ
1073:裏うつりのしない修正液 1074: 形状記憶合金指輪
1075:先取りスケジュール手帳 1076: 消臭機能付クーラー
1077:絵の具の色を分解します 1078: 変色しないセロハンテープ
1079:あなたのお風呂にも伺います 1080: 詰め替え用のり

1041 :話中電話順番待ちシステム

人気のあるアーチストのコンサートなどチケット獲得は困難で根気がいるものである。電話予約などとなると受付5分前くらいには「電話が大変混雑しておりますので…」といったテープが流れ出す。こうなると何度かけなおしても30分くらいつながらないのである。 こういったチケット予約センターなど電話の混雑の見込みがある回線のために、キャッチホンの応用で、つながった状態で順番待ちができるというシステムを開発してはどうだろうか。 電話を掛けた順番に電話がつながり、前の人が終わると次の人、次の人と、交替できる。そうすれば何度もがむしゃらに電話をかけ直す必要がないのである。

1042 :おしゃべり傘「今日は私を連れてって」

朝、家を出るとき、傘を持って行けばどうかわからない天気のときってないですか。玄関先まで今日は傘がいるのかな、どうかなと呟いていると、「だから早く起きて天気予報を見ときなさいっていったでしょ。」と叱られる。 傘の取っ手の部分にセンサーがあって天気を感知できるようになっていて雨の降る確率が高い場合にはボタンを押すと「連れてって」と声が出るようにすれば、コミカルで、傘を持っていくのも面倒に思わないのではないだろうか。

1043 :足の冷えを防ぐクリーム

一枚の薄いストッキングではやはり足は冷えますよね、女性の皆さん。 人から聴いた話なんですが、くるぶしの上の方に冷え性に効くツボがあるそうなのです。そこを常に暖めておいたり、マッサージをよくしておくと、足に冷えや生理痛などに効果があるそうなのです。 そこで、風邪用の塗り薬でそれを胸に塗ると体を暖める効果があるものがあるでしょう。それと同じように、クリームをツボのまわりに塗るとそこが温かくなって冷えを防げる、というものがあってもいいのではないでしょうか。

1044 :オーダーメイドパッケージ

もう今や百貨店ではバレンタイン商戦まっただ中である。しかし、昔に比べ人々は大変プレゼント上手になったと思う。バレンタインをはじめ、ギフトシーズンになると街のラッピングショップも若い女性客でいっぱいになる。 高価なプレゼントもいいが、手作りもなお嬉しい。定番モノでなく、選んだ人のセンスがうかがえるものももらって楽しいものだ。 しかしこういったものはなかなかそれにあった箱がない。ラッピングショップなどで好きな素材で、プレゼントにあった大きさ、自由な形で箱を作ってくれるサービスがあるととても嬉しいのだがと思う。

1045 :パソコンソフト「遠くに行きたい」

平凡で、だが落ち着かない日常からしばし離れて旅行にでも行きたいなと思うことがある。しかし、なかなか旅行社には足が向かないものである。 旅行社とソフト会社が提携して旅行希望者用のパソコンソフトを開発してくれないものだろうか。 まずこのソフトにはマウスが必要で、メニューには「行き先」をはじめ、「人数」「目的」「予算」「日数」などがある。そこからまず一番優先の条件を指定していく。例えば「行き先」を選べば、「国内」「海外」どちらか指定し、具体的な場所を指定していく。そのうちに予算や日程に併せて、宿泊先や観光コースが、絞られていくというものである。そうして、大体の所を自分で組み立てて旅行社に行けば、希望にあったツアーなど見つけ易いのではないだろうか。

1046 :短期アルバイター派遣業

去年の就職戦線はまさに売り手市場、本当に人手不足なのだなと実感させられた。多分それは、正社員だけでなく、アルバイトもそうなのではないだろうか。 急にアルバイトが欲しい、といった場合、求人紙に広告を載せるのも時間がかかるし、アルバイトが見つかったとしても、希望どおりに働いてもらえるかどうかは疑問である。 そこで短期アルバイトなど、変化を求むフリーターを集め、アルバイター派遣を行うのはどうだろう。アルバイターのなかでも、体力に自身ありで高給なら肉体労働もokというのもあれば、レジが得意な者、サービス業向きな者と適性がいろいろとあると思う。雇用者の希望には添えるし、アルバイターも得意分野で働ける。さらに仲介者がいれば信用もおける。トラブルも少ないのではないだろうか。

1047 :会員制ファッションアドバイス

若い人に「最近の関心事は何ですか」と聞いたら、多くの人が「ファッション」と答えると思う。 多くの人がファッションに関心を抱いている今、会員制のファッションアドバイスシステムはどうだろうか。 まず、新規会員になると、個人の体型、顔立ちをはじめ、パーソナルカラー診断、ライフスタイルなどさまざまな情報がデータとして登録される。 その後定期的にファッション動向、流行色動向などを分析し、個人にあった情報、アドバイスが提供されるというものである。雑誌やTVの情報だけでは物足りないという若者にはうってつけではないだろうか。

1048 :肉声でメッセージ

喧嘩をして誤りたいときや、メッセージを伝えたいが、面と向かって伝えるのが恥ずかしいときなど、手紙を書くのも苦手だし、どうしたもんかな。と悩んだことがある。 そこで考えたのがボイスメッセージである。 まず、サービスを取り扱っている業者に伝えたいことを電報をうってもらうときと同じ様な要領で電話で伝えます。そして相手の氏名・電話番号と、希望があれば伝えて欲しい日時を指定します。 すると業者は、伝える側の肉声メッセージをクリアに保存しておき、相手に電話してそれを伝えるというしくみである。 お祝いメッセージをはじめとしていろいろな場面に活用でき、かつ肉声だと思いも伝わり易いのではないだろうか。

1049 :文房具自動販売機

中学や高校時代に利用した購買部。今から思うと懐かしいが、学生が基本的に運営し、販売しているので、ちょっと手際が悪いのが欠点だった。 休み時間になれば、狭い建物の中が学生でいっぱいで消しゴムひとつ買うにも手間取った覚えがある。 よく使う消しゴムや定規、シャープペンシル、ノートなどを自動販売機によって購入できるようにすれば、便利だと思う。購買部だけでなく、教室の近くなど校内に数カ所配置すれば、混雑も防げるのではないだろうか。

1050 :ノートがきちんととれるように

授業中、前席の人の座高が高いために黒板がよく見えず、ノートをとるのに苦労したことはないだろうか。 各机に小さなモニターが備え付けられていて、黒板の文字が映るようにしておく。生徒はそれを見てノートをとる。そうすれば前の人の頭が邪魔になることもないし、頭をあげて黒板を見て、うつむいてノートをとるといった動作をすることはない。さらに近視の生徒が常に一番前の席に座らなければならないということもなくなる。 まさに楽に、きちんとノートがとれて非常に便利なのではないだろうか。

1051 :授業の遅刻・代返は許しません!

大学などの講義の出席をとる際、代返を頼まれたりしたことなどなかったですか? 学校によっては、授業時間にはいると教室の鍵を締めてしまうところもあるみたいですが、遅刻・欠席のチェックの手段としてタイムカード制にしたらどうでしょうか。しかし、普通のタイムカードではひとり2枚押す、ということも考えられます。 そこで大阪の私鉄・地下鉄でよくみられるラビットカート(自動改札機)のように、ひとり1枚カードを入れて教室内でカードを受け取る様にします。(教室外に出るときも同じ要領で)そうすれば、誰がいつ、教室に出入りしたかがチェックしたかが解り、先生も大助りではないでしょうか。

1052 :もっと安全な通学路を!

この間ニュースを見ていると集団登校中の児童のグループに暴走車が突っ込んだという事故があった。事故現場の模様を見ているとどうして通学路にガードレールをつけていないのだろうかと疑問に思った。この事故の前にも通園中の児童が小さな川に転落したというのがあり、通学路というのならもっと児童を安全に登下校させる工夫がされていても良いのではないだろうか。 私自身中学、高校と自転車通学で国道沿いを自転車で走るのが大変危険に感じたことがある。道路が余りにも自動車中心でありすぎるのだ。 通学路と指定されたのなら、歩行者、自転車、自動車を完全に分けるように工夫がなされるべきである。

1053 :システム生徒手帳

小学校から中学校に入学して初めて生徒手帳を手にしたとき、非常にうれしかったのを覚えている。 しかし、1学年進級する毎に新しい手帳を配られるのはちょっとムダのような気もする。 変わるのは学生証の部分だけで他の校則や学校の歴史、校歌の部分など余り変わることがない。 そこで生徒手帳をルーズリーフタイプにしてミニシステム手帳化して改訂部や学生証の部分を差替えできるようにすれば便利だしかえってコストを下げることができるのではないだろうか。

1054 :黒板ハンドクリーナー

日直になると必ずさせられた黒板消し。でも消す時に出るチョークの粉で制服が汚れたり、咳込んだりした覚えはありませんか? これを防ぐ為に、黒板消しをハンドクリーナー内蔵にしてみてはいかがでしょう?そうすれば掃除をする手間も省け、清潔になるのでは…。

1055 :五円玉や一円玉にも愛の手を

消費税のおかげで、財布の中が五円玉や一円玉で一杯になっていませんか?そんな硬貨達を自動販売機でも使えるようにしてやってくださいませんか? ジュースでも買おうと思って、自動販売機の前に立って財布をあけた。ところが百円玉がみつからない。五円玉や一円玉を合わせたら百円になるのに・・・・と思いながら千円札をくずすハメになってしまったり、乾いた喉をなだめながら自動販売機の前を立ち去る事になったりすることが、時々あるのです。五円玉や一円玉にも愛の手を!

1056 :われにくい消しゴム

消しゴムで何か消している途中で、ぼろっと消しゴムが割れてしまうことってよくありますよね。一度われてしまうと、その後もぼろぼろとわれてしまって、すぐに消しゴムがなくなってしまいやすくなります。 そこで、われにくい丈夫な消しゴムをつくってください。定価もできるだけ安くしていただければ嬉しいのですが。

1057 :ホームフルカラーコピー

ホームコピー機が一般に普及し始めた今日この頃、そろそろホームカラーコピー機が登場しても良いのではないでしょうか。招待状や案内状は、カラフルできれいなものが喜ばれます。ホームパーティーや、同窓会などに活躍してくれそうだと思います。

1058 :流行語豆辞典

皆さん、最近若い社員とのジェネレーション・ギャップを感じたことはないだろうか。一緒に話をしていると解らない言葉がたくさん出てくる。例えば「○○がトレンディよ」とか「ネオベーシックな○○」など。そのときはにこにこと笑って聞いていても頭の中では何のことかさっぱり解らない。 笑い話ではないが、「イタメシ(イタリア料理のこと)が食べたい」というのを聞いて最近の若い子は炒飯が好きなのだなと思ったのは私だけではないだろう。 若い人達とも楽しく会話が出来るようポケットサイズの年毎の流行語辞典 というものがあるとうれしいと思う。

1059 :カタログ通信販売の期待と不安

私は下着や小物を購入するときカタログ販売をよく利用しているのですが、ときどき注文した商品の色が自分が想像していたのと全く違っていたりとか素材が悪かったりするときがあります。 思うのですがカタログ販売の最大の欠点は、売り手と買い手の意志の疎通がうまく行かないということではないでしょうか。そのために「私はカタログ販売なんて絶対利用しない。」と決めている人も多いのではないでしょうか。 カタログ通信販売をおこなっている会社はかなりあるようですから、そういった企業で見本市やファッションショーの様なイベントを開いたり、購入会員の人に年一回の割合で色見本や生地見本を安価で販売するなどしてもいいのではないでしょうか。 単なる利用者のわがままでしょうか?

1060 :自転車の雨よけ

雨風が強い時など、傘をさしていても濡れてしまうことが多い。ひどい時は服だけでなく、顔まで濡れてしまうのだ。せっかくのオシャレも台無しである。 そこでバイクなどでよく見かける、雨よけガラスを自転車にも取り付けてみてはどうだろうか?視界がきかなくなるというのなら、自動車のようにワイパーを付けてみるとか曇り止めにするなど、色々考えられる。

1061 :白板マーカーの種類を豊富に

皆さんご存じのホワイトボード。マーカーの種類のなさにはがっかりです。 色の種類だけではありません。ペン先の種類です。大抵ホワイトボードは、会議やオフィス内の連絡等に使われますが、わたしはそれを店内のPOPとして使えたらと思っているのです。 紙と違い、消せば何度も使えるので、いつでも書き直せ便利です。 白板マーカーの色を豊富にして、ペン先も太書きタイプやブラシタイプ、平にカットしているものなど、POPとして用いられるように種類を豊富にしてほしいと思います。

1062 :展示会レポート

「○○見本市」「××展示会」というのを最近よく耳にするようになった。 しかし興味あるものでも、開催期間と仕事の折り合いがつかず、いつも見逃してしまう。 こういったものは本来、自分の目で見て体験して来るのが一番だとは思うのだが、ここは勘弁してもらって私の希望を聞いて欲しい。 つまり、私の代わりに展示会に見学にいってもらうのだ。 まず事前に私と打ち合せをしておいて、どういったところを重点的に見て来るか把握しておいてもらう。それから実際に見てきてもらい、撮影可能なら写真やビデオに様子を収めてもらい、また出展企業の比較データ等の参考資料、第三者からの見解等、詳しいレポートを提出してもらうというものだ。 この様な展示会見学代行業がないものだろうか。

1063 :シャーペンの芯を無駄なく使う

シャーペンの芯は短くなると、すぐ奥へ引っ込んでしまうので使えない。 しかも新しい芯はなかなかスッと出てきてくれないものである。テストなど、時間制限がある場合は特にイライラしてしまう。 これを何とか最後まで使うことはできないだろうか? 下図のようにペン先を短くしてみれば、節約的に使えると思うのだが。

1064 :安全編み棒

クリスマスやバレンタインの前になると特に、電車内で編物をする女性をよく見かけるのですが、長い編み棒が隣の人に迷惑をかけている時もあります。何とか編み棒の長さを調節できるようにと、下図のようなものを考えてみました。 これなら持ち運びも便利で、実用化され易いと思うのですが。

1065 :更紙でコピーを

ご存じの事と思いますが、いまの大学生にとって、コピーと大学生活とは、きってもきれない間柄です。現在コピーは大抵一枚十円と一昔前とくらべるとずいぶんと安いものとなりましたが、それでも試験前などには、どうしても多額のコピー代が必要となり、悲しいまでに軽い大学生の財布をいっそう軽いものにしてしまいます。 大学生にきれいなコピー紙では、もったいないぐらいです。安くて文字や図がきちんと写っていること、それが大学生の望みなのです。 そこで、大学付近にあるコピー屋さんにお願いがあります。 コピー紙を、中学校や高校で配るプリントに使っていたあの更紙にしたらよいのではないでしょうか。一枚七円から八円程度にすれば、「塵も積もれば山となる」と言う言葉を信じる大学生が山と来店することでしょう。

1066 :ロッカーに照明を

ロッカーが暗いと捜し物が、なかなか見つからないものです。 私の会社のロッカールームは、天気が悪いと薄暗くなるために、物を捜す時には、いちいち天井の電気を付けなければならず、少し面倒です。 そこで考えてみたのが、照明付のロッカー。各ロッカーごとに照明を付ければ、手元が明るくなり、捜し物もすぐに見つかることでしょう。

1067 :あとの付かないバンドエイド

きり傷、すり傷などのちょっとしたケガをしたとき、私達はよくバンドエイドのお世話になります。大変便利なものなのですが、いつも使っていて、気になることがあるのです。バンドエイドを貼ってしばらくしていると、バンドエイドの端が黒くなり、べたべたになってしまうことです。 そこで、端から粘着物がはみ出さないようなバンドエイドをつくって欲しいのです。端の方は粘着物が少ないとかすればいいと思います。 傷口のまわりは清潔にしておきたいものです。

1068 :Wデッキビデオ

ビデオデッキの普及率はすごいもので、最近は、ビデオを二台購入して家庭でビデオテープのダビング等をする人も多くなっていると聞きます。最近のビデオデッキは小さくなってきたとはいえ、ビデオを二台も置くと結構、場所を取るものです。それならばいっそのこと、ビデオデッキもカッセトデッキと同じようにWデッキにできないだろうか。そうすれば、あまり場所も取らず、また、ややこしいテレビとビデオの配線に悩まされることもなくなり、メカにあまり強くない私も大変助かるのだが・・・・

1069 :親展用FAX

私の会社では、よくファックスを使うのですが、ファックスは書類がむきだしのままで送られるので、他の人に見られたくない書類や見積書を送ることができません。もしも、親展用ファックスというボタンを押して送ったら送られた書類の上に粘着性がそれほど強くないシ-ルのようなものが張り付き、送られた人はそれをはがして読むことが出来る「親展用ファックス」なるものが存在したならば、かなり多種の書類を送ることができ、便利になると思うのですが。

1070 :178(?)

雨の日というものは、あまり外出したくないものです。それなのに、友達と合う約束などをした日は雨でその次の日は晴れだった。ということはよくありませんか。 電話で177を回せばその日の天気予報が流れますが、178を回せば担当者がでて(電話番号案内のように)さまざまなデータを基に一ヶ月先までの各地の天気予報がコンピュータで予想されていて、聞きたい日・場所の天気予報を流してくれる電話サービスはいかがでしょうか。 そうすれば、友達と雨の降らない日に会う約束ができるのですが。

1071 :臭いを抑えた防水スプレー

私もそうなのですが、よく転ぶ方であるスキーヤーたちはスキーに行く前に、スキーウエアに防水スプレーをしっかりとかけておくという下準備を忘れてはなりません。しかし、あの臭いのきつすぎる防水スプレーにはうんざりさせられます。 防水スプレーのあの臭いをなんとかして、もう少し抑えることはできないでしょうか。そうすれば、スキーがより一層、楽しくなることは目に見えている。

1072 :音感が悪くても大丈夫だよ

音と音符がかみ合わない私にとって学校の音楽の時間というのものは苦痛以外の何物でもありません。音に合わせて歌うことはできるのですが、音符を見て歌うことができません。そんなものだから、歌のテストなどはこの世の地獄。練習しようにも、音と音符があっていないのではどうしようもありません。 そこで、音符を音に換えてくれる機械というものを作って頂きたいのです。 そうすれば、少しは楽になるのですが。

1073 :裏うつりのしない修正液

ボールペンでもペンでも手軽に消せて、そして更にその上に書けるという修正液の存在は、学生生活を営むおいては、必要欠くべからざるものと言い切ってもよいものである。安いノートを使っているのも原因の一つであろうが、修正液で消した文字が裏にうつってしまうという欠点がある。これは、なかなか不格好なので、少し困っている。 この欠点を何とか克服して、更に便利な修正液を売りだして欲しい。少なくとも私は、必ず買い求めるであろう。

1074 :形状記憶合金指輪

指輪が抜けないという事態は、指輪をはめている人ならば覚えがあるはず。そんなときは、指輪を切ってしまったり、石鹸でこすってやっとの思いで抜いたりしたものです。 しかし、この経常記憶合金指輪なら大丈夫冷たい水に付けてしばらくすれば、指輪のあながふくらんで、すっと指輪は抜けます。また、人の体温程度に暖めると、元の形にもどるというスグレモノ。あったらいいなぁ。

1075 :先取りスケジュール手帳

数年先までスケジュールの決まっているビジネスマンにとって、今とても欲しいと思うのが、来年、再来年のスケジュ-ル帳。もちろん店には、そんなものは置いてない。仕方がないので、白紙の手帳を買って、それに日にちと曜日を書き込んで使っている。 そこで、今年の内に来年、再来年のスケジュ-ル帳を作ってもらえないだろうか。白紙の手帳に曜日と日にちを書き込むのに、そろそろつかれはじめたもので・・・・

1076 :消臭機能付クーラー

釣りなどで、使うクーラーボックス、便利は便利なのですが、釣りをして、魚を家に持って帰るという役目を果たした後、手入れをする時の臭いをなんとかしていただけないでしょうか。 消臭機能付の冷蔵庫ができているのですから、できないことはないと思うのですが、無理でしょうか?

1077 :絵の具の色を分解します

趣味で水彩画をよく描くのですが、筆洗い用の水入れの水がすぐに濁ってしまうので、すぐに水を替えに行かなくてはならない。というわけで考えたのが、水彩絵の具を分解する薬。これを水入れの中にいれておけば、煩わしい水入れの水の交換から解放され、私は、絵を描くことに没頭できるというわけだ。 また、これを更に研究して、絵の具消しなるものもできるのではないだろうか。 思っていたのと違う色をぬってしまったり、うっかりはみ出してぬってしまったりしても、大丈夫ということになれば、よいのだが。

1078 :変色しないセロハンテープ

セロハンテープは、熱や光、そしてほこりなどによって茶色く変色してしまい、パリパリになってしまうものですが、困ったことに壁などに紙などをセロハンテープで貼っておいたりすると、壁が禿げるという事態に陥ってしまいます。 熱にも、光にも、誇りにも強いセロハンテープというものはいかがでしょうか?そうすれば、安心してかべにもはることができるのですが。

1079 :あなたのお風呂にも伺います

テレビで、お風呂用洗剤のコマーシャルがよく流されていますが、まっさらの風呂をむりやり汚したように見えるものを掃除しても、なんとなくうさんくさいものがあります。どうしても、本当にそんなにきれいになるのだろうか。という疑いの目で見てしまいます。 そこで、ふつうの家庭のお風呂(何年か使ったもの)を掃除するさまをコマーシャルで流してはどうでしょうか。少なくとも、今のコマーシャルよりも真実味があるコマーシャルが出来上がるとと思うのですが。

1080 :詰め替え用のり

自然保護の風潮を反映してか、最近「詰め替え」の出来る商品が増えてきたように思えます。そこで、新たに、詰め替えの出来る口紅タイプのりという商品はどうでしょう。しっかりとしたプラスチックで作られているのに、一回使いきってしまうと、「はいそれまで」と言うふうに、ぽいっと捨ててしまうのはもったいなさすぎます。 うーん、自然保護だなぁ