HOME > 放言アイデア > 放言アイデア作品No.1001~1040

放言アイデア大募集
過去の放言アイデアを見てみると、現在、実際に商品化されているものも多々あり驚かされます。「こんなサービスや商品があったらよいなという発想が時代を作るのですね!

放言アイデア作品No.1001~1040

1001:パーティー幹事やさん 1002: パチンコ屋に託児ルームを
1003:マスターブレンド香り 1004 : 半分保温できるホットプレート
1005:OLをアメフト選手にしないで! 1006:簡単CIユニフォーム
1007:新聞いいとこ取り 1008:年賀状グッズレンタル
1009:TVの空きチャンネルの利用法 1010:靴の中、あったかくしたいね!
1011:強化ストッキング 1012:傘の預かり所(デパートで)
1013:ほこり吸引機 1014:ブーツ収納具
1015:コンタクトレンズの洗浄液のビンについて 1016: コンタクトレンズについてもう一言
1017:遠赤外線ストッキング 1018: やっぱり冷たいのは指先
1019:ポカポカポケット手袋 1020:手袋サイズを浸透させよう!
1021:はなみず対策手袋 1022: 冬の喫茶店などで
1023:健康鉛筆 1024:かしこい電話回線
1025:カロリー消化万歩計 1026:とかく女性は電話好き
1027:結婚生活シュミレーション診断 1028: 近づくと消えちゃうテレビ
1029:学校の机について 1030: ポスト割箸
1031:男たちのカルチャー教室 1032: スポーツ観戦は難しい
1033:CDing業 1034: 貯金電話
1035:ホワイト筆ペン 1036: マグネット付き肌着
1037:平熱の人でも水枕 1038: ヘッドホン型コードレス
1039:乾燥装置付バスルーム 1040: タクシー運賃をもう少し安くするために

1001 :パーティー幹事やさん

あっという間に一年の後半になり、忘年会などのシーズンが近づいてきた。楽しい忘年会やパーティーのはずだが、幹事になった人はいろいろと気苦労も多いだろう。 最近テレビでアメリカには同窓会の幹事を引き受けてくれる会社を紹介していた。日本でも同窓会だけでなくさまざまなパーティーの幹事をする会社があってもいいのではないか。 パーティー会場のピックアップ、予約、招待状の送付、出席者のチェック、食事のメニューの相談、記念品の準備はもちろん、当日には司会や写真やビデオ撮影など「盛り上げるためのさまざまな演出全てを予算に応じてやってくれる。花見ともなれば、場所とりまで代行してくれる。つまりパーティーの裏方代行業といえるだろう。

1002 :パチンコ屋に託児ルームを

はっきりいって最近の若い親はなってない。寒い季節ともなると火事のニュースをテレビや新聞で目にするが、よく幼い子供達を家に置きっぱなしにして夫婦でパチンコに行き、その間にストーブの火が引火、家は全焼、幼い子供達は焼死などというケースがある。また夏には駐車場に子供を乗せたまま車を止めておき、車内の温度が上昇して、子供が亡くなるというニュースがあった。 若い夫婦がみんなそうだとは思わないし、しっかりした親もたくさんいる。しかし、無神経な親のために命を落とす子供も実際いる。「両親がパチンコにいっている間に・・・」という事件が最近多いのではと思うのだ。 この際、パチンコ屋に託児ルームを設けるようにしたらどうだろうか。もちろん防音設備も万全で、親が安心してパチンコができるように・・・ 本当は親がもっとしっかりしなくてはいけないと思うのだが。

1003 :マスターブレンド香り

インスタントコーヒーは、おいしいのだがどうも香りにとぼしいと感じる。そこで、60℃以上になると、分子構造が変化して隙間ができてしまうマイクロカプセルに、コーヒーの香りのエキスを閉じ込めておき、コーヒーを入れたときに香りが取り出せるような商品を開発してはどうだろうか。 (*最近、ガン治療用に、上記のような構造のマイクロカプセルが開発されたと新聞記事に載せられていた。)

1004 :半分保温できるホットプレート

家族の夕食で、焼肉・お好み焼きなど、ホットプレートをしようする料理では、これから焼きたいものと、保温しておきたいものとがある。 焼肉の時など、焼けたものは保温しておきたいのだが、次の肉や野菜なども焼きたいという場合、プレートの半分は保温、もう半分は普通に焼けたら肉や野菜を焦がしてしまうようなことはない。 電気ホットカーペットのように、自由自在に保温などができれば、便利だと思う。

1005 :OLをアメフト選手にしないで!

先日、冬の通勤に着ようとコートを買いました。デザインも気に入ったし、試着した際もなかなか着ごこちがよかったので、これは久々に上手な買物をしたと「その時は」思いました。 早速、通勤にとスーツの上にまとったそのとき、「しまった!!」と私は鏡の前で愕然としました。私の肩が、ジャケット+コートの肩パットでアメフト選手のようになっていたのです。 冬のオフィス街をコートを翻しさっそうと歩こうと思っていたのに…。 肩パットを自由に取り外しでき、ジャケットを中に着たときにも対応できるコートがぜひとも欲しいと思います。

1006 :簡単CIユニフォーム

よく新聞などで、「CIに伴い、ユニフォームを一新」といった記事を見かける。さすが大企業などは、有名デザイナーを起用し、ファッショナブルなユニフォームを取り入れている。しかし中小企業だとそうはいかない。 既製の制服カタログなどもあるが、もうちょっと自社らしいものを、という場合に、パターン(型紙)だけ既製で、ボタンのデザイン、リボン、生地の色などを自由に指定でき、既製のものよりもアレンジのきかせる、自社のカラーにあった制服を作ることができるシステムがあってもいいのではないだろうか。

1007 :新聞いいとこ取り

朝、珍しくいつもと違うニュース番組を観ていると、各社の朝刊を一面から解説していくというのがあったそれを観てひとつアイデアを思い付いた。 例えば、経済についてすごく関心のある人の場合、経済面だけは他の新聞記事も目を通しておきたいと思うかも知れない。また、話のタネに芸能ニュースを知りたいという人もいるかも知れないし、また、学校などの宿題等、スクラップブックをつくっている人もいると思う。 各社新聞の興味ある部分だけをコピーし、送ってくれるというサービスがあると面白いと思うのだが。

1008 :年賀状グッズレンタル

もうそろそろ年賀状を書かなければならない時期がやってきました。 毎年、人とは違った個性ある年賀状をと思っているのですが、イラストの手描きなどは、時間がかかり、失敗も多くでます。家庭用コピー機や簡易印刷機などの購入も考えましたが、高価だし、年賀状を書く以外に使うこともありません。 それで、そういったグッズのレンタルサービスが欲しいと思います。安いレンタル料と消耗品の費用だけでユニーク年賀状を作れればいいなと思います。

1009 :TVの空きチャンネルの利用法

テレビ画面の砂あらしって、画像も音も不快でたまりませんね。 思わず7チャンネルや9チャンネルに合わしたとき、私などげっそりしてしまいます。せっかくチャンネルが空いているのに、ほったらかしにしているのは何だかもったいないような気がします。 その空きチャンネルを利用して、無声音の広告を流すというのはどうでしょうか?まぁ、いわゆる文字放送といったものにするのです。 できれば、その広告も民間企業のものでなく、「ゴミを減らそう」とか「省エネに協力しよう」とか「違法駐車をやめよう」といったものにすれば良いのではないでしょうか。 汚い画面やうるさい音に比べたら、ずっとましだと思うのですが・・・・

1010 :靴の中、あったかくしたいね!

最近めっきり寒くなりましたね。男性の方は、足がすっぽり隠れる長いずぼんをはくから良いけど、女性は毎日ずぼんをはくわけにはいきません。 寒い冬でも短いスカートをはくことがあります。 そんなときの足元の冷えと言ったら、たまったもんじゃありません。 せめてもの抵抗として、私は靴の中にひくムートンが出来ればなぁと切望します。これだけでも、少しはあったかいのではないのかしら。

1011 :強化ストッキング

この季節ストッキングが手放せなくなりました。でもそのストッキングもすぐに「でんせん」がはいったりして、悔しい思いや恥ずかしい思いをします。値段の安いほうが、高い方に比べて弱いような気がしますが、やはりストッキングって長持ちしないものです。 「でんせん」のはいらないストッキングが出来れば夢のようですが、それはきっと無理でしょう。ですからせめて丈夫なストッキングができないでしょうか?従来製品比、10倍ぐらいのものが・・・・・

1012 :傘の預かり所(デパートで)

雨の日の買物は何かとゆううつなものです。 特に、傘を持っての買物はとかく不便で、見たいものも満足に見れず嫌なものです。そこで邪魔な傘をデパートの方で一手に引き受けてくれるというのはどうでしょうか。 これならば、楽に買物ができてお客様に喜ばれるのではないでしょうか。

1013 :ほこり吸引機

「ほこり」ってどこからわくのか、すぐにたまりますよね。 毎日、毎日掃除をすれば問題はありませんが、そうそう立派にはできないものです。ですから、「ほこり吸引機」という機器をどこかの電気メーカーに開発してもらえないでしょうか。 それ一台置いとけば、部屋中の「ほこり」を吸い取ってくれるというのはどうでしょうか。つまり、固定式掃除機というわけです。 ずぼらな人には最適だと思います。

1014 :ブーツ収納具

ブーツは、おしゃれなイメージがつきものですが、収納の段階にいたっては困りものです。すっきりのびたブーツを折ってしまえば靴箱にも入ります。 でもそれでは、せっかくのブーツもだいなしです。 そこで考えたのですが、スリッパたての応用でブーツたてというのはどうでしょうか。これだと型くずれ防止機能をそなえているのでたいへん便利だと思います。

1015 :コンタクトレンズの洗浄液のビンについて

いまやコンタクトレンズの普及率といったらたいへんなものです。 私は眼鏡を愛用していますが、友達の多くはコンタクトレンズを使用しています。コンタクトレンズって、いちいち取って洗わなくてはいけないそうですね。そのとき片手にはコンタクトレンズ、もう一方の片手は・・・・ そうです片手は洗浄液のビンのふたを開けなくてはいけません。 不便ですね。 ポンプ式にすればそんな悩みも解消だと思います。

1016 :コンタクトレンズについてもう一言

便利なコンタクトレンズ、でも高価なコンタクトレンズです。 それだけに、なくしたときのショックは並み大抵のものではありません。 そこで、ぬれると無色透明になり、かわくと色がでてくるというコンタクトレンズはどうでしょうか。これだと落とした時すぐに見つけることができてナイスだと思います。

1017 :遠赤外線ストッキング

先日、テレビのコマーシャルで遠赤外線を利用した手袋と靴下があるのを知りました。ある薬品会社が発売しているもので、保湿クリームを塗って手袋(靴下)をして寝ると、乾燥した手(かかと)がしっとりしてまた温かく眠れるそうなのです。 私は乾燥肌なので、膝やすねも冬になるとカサカサしてしまいます。また女性の皆さんならお解りだと思いますが、冬の外出時や夏のクーラーの効いたところでは、スカートにストッキングは足が冷えて辛いと思います。 遠赤外線ストッキングがあれば、見た目は薄くても足を温かくできますし、保湿クリームをつけて履けば、しっとり美しい足に保てて一石二鳥ではないでしょうか。

1018 :やっぱり冷たいのは指先

近頃やっと冬らしくなってきたが、手袋や靴下を身につけても指先、爪先はなかなか温まらず、冷たいままである。温かくするために指(爪)部分の 繊維の目数を増やすということはできないのだろうか。 そうすればもっと指先や爪先が温かくなるのではないかと思うのだが。

1019 :ポカポカポケット手袋

この冬は平年より温かく、いつもお世話になっていた使い捨てカイロは、去年に比べ、あまり使うことはありません。ですが、早朝や夜などはやはり冷え込んですぐ手が冷たくなります。 というわけで、手袋にポケットをつけて(手の甲のところ)ミニカイロを入れられるようにしたらポカポカして、ミニバイクなどに乗ったときも手が冷たくなくて良いのではと思うのです。いかがでしょうか。

1020 :手袋サイズを浸透させよう!

私は、ほかの人に比べどうも手が小さいようです。手袋を買いに行って合わせてみるといつも指の先が1センチほど余るのです。ですから指先の細くなった上品で女性的なデザインのものやパーティーで使うようなレースの手袋など憧れてはいてもサイズが合わなくて不格好になり残念な思いをします。 手袋にも靴や洋服のようにサイズがある(女性だと平均21センチ位)のですが、だいたい平均的なものしか売っておらず、それより手が大きい人や小さい人はどうすればいいのでしょうか。 手袋のサイズももっと一般に浸透して、幅広いサイズのものを売って欲しいと思います。 「手袋サイズにも市民権を!」

1021 :はなみず対策手袋

スキーシーズン到来!皆さんもいろいろ計画を立てているのではないですか?色彩豊かなスキーウエア、白銀の上に描かれるシュプールと、スキーといえばおしゃれなイメージがあるのですが、でもちょっとみっともない悩みもあるのです。 それは‘はなみず’です。やはりスキーをするのは寒いところしかたないですよね。鼻をすすりながら人差指を横にして鼻をこするポーズ、皆さんもよくするでしょう。友人から効いたのですが、その時やはり多少はなみずがつくらしく(少し汚いですか?失敬。)それ故スキーの手袋は人差指のところから傷みやすいのだそうです。 手袋の人差指を二重構造にするとかして、強化すれば手袋も長持ちするのではないでしょうか。

1022 :冬の喫茶店などで

私は結構寒がりなので、冬になるといつも厚手のコートを来ている。しかし喫茶店などに入ったときコートがかさばり、置場に困るのである4人がけのテーブルに3人などの場合は余った席に置くということもできるが、そうでない場合どうしたらいいものか。 私の希望としてはテーブルの側に帽子やコートを掛けたりするスタンドを置いてもらえると大変助かると思うのだが、いかがだろうか。

1023 :健康鉛筆

最近、健康食品、健康体操など健康・美容に世間は、敏感になってきているようだ。そこで考えだした子供から大人まで幅広く使用できる健康鉛筆はどうだろうか。 鉛筆(またはシャープペンシル)に磁石を埋めこみ、指や腕の疲れを緩和させるというものである。受験勉強など夜遅くまで鉛筆を動かして字を書いていると腕がだるくなってくる。それを防止する効果があればと思うのだが。

1024 :かしこい電話回線

現在、わたしの社内の電話回線は、各ブロック(課・部)ごとに使っているがやはりよく電話を使用するところと、比較的使用頻度が少ないところとがある。 混んでいる時には、ほかの空いている部の回線にかかるというようなコンピュータ制御を行うシステムはないものだろうか。

1025 :カロリー消化万歩計

冬になると、鍋物をはじめ食べ物がおいしい季節ですよね。私もついつい食べ過ぎてしまい最近少しばかり太ってしまったようです。 水泳やエアロビクスなどはちょっとお金がかかりそうだし、ハードなダイエットをするような根性も体力もありません。そこで私は、外出時にはできる限り歩き、会社でもエレベーターでなく、階段を利用することにしました。 そこで思いついたのですが、万歩計で、歩数だけでなく消化したカロリーも表示され、できれば消化した分に相当する食品もデジタルで表示されると嬉しいと思います。そうすれば、「せっかく歩いてカロリーを消化したのにこのケーキで努力で水の泡になってしまう。」と間食も減らせるのではないでしょうか。

1026 :とかく女性は電話好き

どうして女性はあんなにもおしゃべり好き、電話好きなのだろうか。 2時間、3時間も受話器を話さずぺちゃくちゃ楽しそうに話し込んでいる。 だからこそ、女性の方が流行に敏感で、その情報もいち早くキャッチすることができ、(クチコミというくらいだから)購買力の中心となることができるのではないだろうか。 最近、話題になっているNTTのダイヤルQ2というのがあるが、これをマーケティングに利用できないだろうか。 これでは複数の人間と話ができるらしいので、ひとり調査する側の女性がメンバーとしてはなしに加わる。悩みや噂から始まるかも知れないが、隠されたウォンツが探れるかも知れない。 電話でグループインタビューができるのだ。また世代などによってダイヤルを分けて調査すればよりいいのでは。

1027 :結婚生活シュミレーション診断

「成田離婚」という言葉ができたくらい結婚間もない夫婦の離婚が増えている。生活をしてみて初めて相手の本質が解った。それがどうしても我慢できないというのだ。また相手の両親との問題があるだろう。 そこで結婚前にコンピュータゲーム感覚でシュミレーションをするというのはどうだろう。 結婚生活で起こり得る様々な問題や場面にどの様に判断し、行動を起こすのかを夫と妻が別々に行う。またできれば互いの両親(特に母親は)も息子(娘)夫婦とどのようにかかわってゆくのかをシュミレーションする。 その結果により、カウンセラーはそれぞれの性格、行動の特徴等を把握し、問題となる点を指摘して適切なアドバイスを与えるのだ。

1028 :近づくと消えちゃうテレビ

近ごろの子供は、外で遊ぶということを忘れてしまったのか学校や塾以外では家でファミコンばかりしている。また最近スーパーファミコンなどというものも出て、ゲームソフト等の充実がなされ、より魅力的なものとなっている。 しかしそのせいか、児童の視力の低下には、ここ数年、著しいものがあるらしい。そういえば子供の頃、よく親からTVをみる時は画面から3m以上離れるようにと言われたものだ。 そこで、あまり画面に近づかないように、センサーで体温を感じるとか、また動くものを察知して、近づきすぎると画面が消えてしまうというような テレビを開発してはどうだろう。

1029 :学校の机について

最近、あまり姿勢の良くない子供が多いと思いませんか。昔の子供はもっとシャキッとしていたように思います。私が思うに原因は、勉強のしすぎだと思うのです。 学校+塾で、黒板を見て机に向かい、黒板を見て机に向かい、と長時間、それも一日のほとんどをそんなことをしていたら自然と背中が丸くなってしまうはずです。 学校や塾の机を製図版の様に傾斜できるものにしてはどうでしょうか。表面はノートや鉛筆が滑りにくい様に加工すれば大丈夫だし、目線の位置で黒板を見ることができ、楽な姿勢でノートがとれるのではないでしょうか。

1030 :ポスト割箸

森林の伐採が問題になり、それで槍玉にあげられているのが割箸の存在です。自分専用の箸を持ち歩くようにしたりと個人レベルの努力はされていますが、ここはお箸の国ニッポン、「使い捨てできる」お箸は手放しづらいのかも知れません。 牛乳などの紙パックが再生紙として利用できるというのを効いたのですが、この紙を固めて使い捨ての箸をつくるというのはどうでしょうか。水分にも強いし、また再生して新しい箸にしたり、別の紙製品が作れると思います。食堂なども協力して、使ったお箸をまとめて業者にもって行くようににすればなおいいのではないでしょうか。

1031 :男たちのカルチャー教室

華道や茶道をはじめ、エアロビクス、英会話、料理、絵画等、いろいろなカルチャー教室があるが、生徒のほとんどは女性である。なかには男性もいるが、やはり女性パワーに押され気味だし、そのため受講したくても、戸を叩くのがひける男性もいるのではないか。 仕事に熱中するのはもちろん結構だが、仕事以外に何も趣味がないというのは余りにも淋しすぎるのではないか。 受講者の仕事の状況に対応した男性向けのカルチャー教室がもっとあった方がいいのではないだろうか。 例えば、昼休みに昼食を取りながら受講できるとか、受講時間が短いとか、宿題などはでないといった工夫をしてみてはどうだろうか。

1032 :スポーツ観戦は難しい

最近女性が好んで観戦するスポーツの中でサッカーやラグビーがあるけれど結構ルールが難しくて、競技場に観に行った場合など特に今どういう状況なのか把握しにくいものである。 スポーツ観戦に行った際に、解らないルールを側で説明してもらえるという様なサービスがあったらいいなと思います。

1033 :CDing業

過去において、結婚式の様子をレコードに記録し、記念品とすることが行われてきたが、これをCDに置き換えてみてはどうだろうか? 他に愛蔵のLPレコ-ドをCD化(CDing)すれば、手軽に楽しむことができる。また、置きスペースも幅をとらずに済むかと思う。

1034 :貯金電話

日常生活においても電話は欠かせない存在。特に女性は長話が好きなもの。 そこで考えたのが、貯金のできる電話。公衆電話のようにコインを入れて電話をかける、というもの。かける度コインを入れていけば、案外ヘソクリになるかも…。

1035 :ホワイト筆ペン

今や朱色まである筆ペン。修正液のペンタイプはあれども、毛筆タイプは見かけない。刷毛タイプがせいぜいである。これでは細かい所の修正がなかなか難しい。ホワイトは固まり易いという点が問題だが、何とか実用化してもらいたいものである。

1036 :マグネット付き肌着

最近では強力マグネットが腰部のツボを刺激し、便秘、冷え症を解消するというショーツが売り出されています。 ショーツがあるなら、肩こり対策の肌着があってもいいはず。体のツボ各部にフィットしたマグネットが血行を促し、疲れもとれやすいのでは?

1037 :平熱の人でも水枕

氷枕は熱を出した時に使うものですが、これを水枕として普段使ってみては? ウォーターベッドが体に負担をかけず、寝つき易いという点において重要視されています。ベッドは高価すぎても水枕ならお手軽で、普及率は高いはず。私の経験から考えるに、同じく水枕も首への負担が減り、リラックスして眠れるようです。

1038 :ヘッドホン型コードレス

電話がコードレスとなり、家の中を歩きまわれても、片手がふさがっていては何かと不便。そこで、子機がヘッドホン型になれば、随分動き易くなるという訳だ。 聞き取りにくい時や、長時間の電話になった場合など受話器に押し付けていた耳が痛くなった経験はないだろうか?そんな時にも柔らかなヘッドホンだと、ちょっとでもマシかと思われる。

1039 :乾燥装置付バスルーム

バスルームって、常に湿気があるせいか、すぐにかびが生えるし、石鹸箱など備品もあまり清潔に思えなかったりしますよね。 バスルームの天井部に乾燥装置をつけて、家族全員は入ってしまった後、バスルーム内を乾燥して、湿気を取ってくれるというのはいかがでしょう。 タイマーなどで、時間も指定できるようにすればさらに安心だし、私自身とすれば結構実用化できそうな気がするんですが。

1040 :タクシー運賃をもう少し安くするために

車拒否を失くすためらしいけど、やはりタクシー運賃は高いと思う。乗車拒否はそのタクシー会社の賃金制度・労働制度に問題があるのであって、利用者に負担をかけて解消するのは少しおかしいような気がする。 といった私の愚痴はさておき、運賃をもう少し安くするためにこういうのはどうだろう。 タクシー運転手の中にはラジオを聴いていたり、中には、TVを観ている人もいるが、音楽やVTRでコマーシャルを流すというのはどうだろう。 空港バスの中でコマーシャルが流れていたのを聴いて思い付いたのだが、ボリュームをうまくすれば耳障りになることはないと思うし、タクシー会社が広告料をもらうことによって、タクシー運賃の値上がりも緩和されるのではないだろうか。