HOME > 放言アイデア > 放言アイデア作品No.2326~2350

放言アイデア大募集
過去の放言アイデアを見てみると、現在、実際に商品化されているものも多々あり驚かされます。「こんなサービスや商品があったらよいな」という発想が時代を作るのですね!

放言アイデア作品No.2326~2350

2326:家庭からエコ/日割り電力メーター

最近はCO2の削減やエコへの個人レベルでの取り組みが活発になっています。 その一つに、省電力化というのも入っています。(家計の助けにもなりますし)かくいう私も、必要ないときはこまめに電気を消したり、仕事に出るとき等はコンセントから電源を抜くように心がけています。 ただ、「なるべく無駄な電力は使わないように・・・」と思っていても、電力メーターは外壁に設置されていることが多く、見てもスタート時のメーターを自分で記録しておかなければどれだけ使ったかはわかりません。結局はその月の電力会社からの請求が来るまで、結果はお預け状態ですよね。 そこで、短期間(毎日もしくは週間)の電力メーターの数値を教えてくれるサービスか、車の走行メーターのように、自分の好きなタイミングで小計をチェックできる仕組みがあればいいなぁと思います。定期的にチェックできれば、「あ、今日は使いすぎた。明日はこうしよう」とタイムリーに判断できるでしょうし、家庭からできるエコがもっと広がってくると思います

2327:くもらない、よごれない

雨の日は電車の窓が曇る。ビルやマンションでは冷暖房や料理で窓が曇る。鍋をいただくとメガネが曇る。窓の外側は掃除が大変で、最近よくある固定された窓の場合、外側はプロに頼まない限り掃除のしようがない。 曇らない、汚れないガラス・プラスチックがあると便利だ。 技術的にはすでに開発されているような気がするが、一般には流通していない。コストが高いから?ビルの掃除やさんが反対してる? 生活者にとってうれしい商品がビジネスとして成立するようにしたいものだ。

2328:コミュコン

宅急便が来ても家にいないで受け取れない時がある。そんな時に、地域のなかで預かってくれるところがあれば便利だ。コンビニでもやっているが、子どもの面倒を見てくれる年配の人がいると安心できる。そこでリサイクルしたり、勉強でわからないこどもを教えてくれる人がいるとさらに良い。介護サービスがあっても良い。要するに、地域密着のビジネスをワンストップで提供するコンビニがあれば良い。

2329:中身表示タッパー

我が家は共働きのため、料理をできる時に大量につくっておき、タッパーに入れて冷凍しておく。しかし、タッパーに入って凍っていると以外と何の料理だったかわからないことがある。この前は、カレーだと思って解凍したら、みそ汁だった。そこで、タッパーが自動的に中身を判断してふたに表示してくれると助かるが、実現は難しそうだ。

2330:自給自足~家庭菜園へのあこがれ~

友人の実家に野菜の収穫にでかけた。畑があるって凄いと思う。 色々な野菜が畑の中で整列していて収穫されるのをまだかまだかと待っている。これほど安全で美味しい食べ物はないと思う。我家でも畑にあこがれ、ベランダにプランターを置いて育てる楽しみ、収穫する楽しみを味わったことはあるが、やはり...そう簡単に上手くはいかない。  最近良く空き地が気になって仕方がない。少し離れた場所に行くと市が管理している畑を1年単位で市民に格安で貸しているという話を聞いた。民間企業でも同じような取り組みがあるようだ。我家の近所でもそのような取り組みがないものかと探している。1坪の広さがあれば充分、2坪あれば尚嬉しい。格安で貸してくれて尚且つ農業指導もしてくれる、そんな畑があれば嬉しいのになぁ~。欲を言えばそこでお漬物の作り方や豆腐の作り方、味噌の作り方、しょうゆの作り方、乾物の作り方など様々な食品の作り方が教えてもらえると更に嬉しくて楽しい。そんな夢のようなレンタルファームが 我家の近くにできないものか。。。

2331:全機種対応ソーラー式充電器

近年の情報産業の進展によって様々なものがデジタル化され、またコンパクトになってきている。我々も、ノートパソコン、携帯電話、デジカメ、電子手帳、ICレコーダ、携帯音楽プレーヤーなど多くの機器を鞄に詰めて持ち運んでいる。さらにそれぞれの電源アダプタやバッテリー、予備の電池なども必要であるが、ほとんどが専用のものばかりなので、それも加えると大変な荷物になる。1つで全ての機器に共通してつかえる充電器がないものかと思う。しかもソーラー式であればコンセントのないところでも充電できて便利だと思う。

2332:ニンテンドーDSでエコエコ家計簿

今は、何でもモバイルゲームの時代。最近ではWiiフィットでのダイエットや楽器演奏、ニンテンドーDSでの料理テキストや美文字トレーニングなどもできます。そこで、今はやりのゲーム機を使ったエコ&家計簿ゲームがあったらどうでしょう。  例えば、インターネット上では、家計簿を打ち込めばグラフや累計にしてくれる無料ソフトがありますが、電気使用量や水道料などの推移をみながら、エコアイデアや助言、節約術などをお知らせしてくれるメニューがあればいいですね。ダイエットも何でもそうですが、義務化してしまうとなかなか続けられないもの。ありそうでなさそうな、ゲーム感覚で楽しみながらの家計簿やエコ、節約! パソコンよりも手軽に、ちょっと空いた時間にどこで でも入力できるというメリットもあって、これができれば 一石4鳥かも!?

2333:曲名検索

街を歩いていると、様々な情報や音楽が目や耳に飛び込んでくる。 「あっ、この曲いい曲だな~」「この曲懐かしいな~」と気持ち良くなるのもつかの間、曲名などが気になりだすことが無きにしも非ず。そんなとき、ラララとメロディーを口ずさむとその曲の曲名や歌手名などを 教えてくれるマシーンがあると購入につながるかもしれない。

2334:その場で従量性”無線LANサービス

いろんなところで利用できるようになった無線LANサービス。ただ、事前に契約していないと利用することは出来ないところが多い。そこで、WEBマネー等で接続時に契約し、終了時に接続時間に応じて請求されるシステムを導入すればどうだろうか。 事前に契約しておけばと言われるかもしれないが、1箇所契約しておけば全てのスポットで使えるわけでもないし、急に使いたいということが往々にしてあるから需要はあるように思う。

2335:ゴミ分別サポート施設

季節の変わり目に衣替えをする。服や布団の出し入れをしていると、押入れの中で眠っているものに目がいく...今の我家では必要なくなってしまったものだが、壊れているわけではなく使えないわけではない。子どもの服も1・2度袖を通して着れなくなったものもある。これらはリサイクルショップやネットオークションで売ることができるかもしれないが、キャラクターがついていたり、時代が象徴されている商品や修理が必要なものはそうはいかない。こういった煩わしさを一掃しようと思えばゴミにしてしまうのが手っ取り早い。実際マンションのゴミ置き場もそういったゴミが山積み。 また、文具や雑貨屋さんではテレビ放映が終わったものは商品にならないらしく、売れ残った商品はあっさり捨てられると言う話を聞いた。 でも、何かが違うと思う。必要なくなったものは確かにゴミかもしれないが、何でもかんでも一緒くたに捨ててしまうのではなく、なるべくきれいな状態でそれらも持ち込み、リサイクルできるもの本当にゴミとして処分するしかないものをサポートしてくれる施設があると良いと思う。

2336:ETC機能付き携帯電話

落ち着いてきたとはいえ、ガソリン高の影響から、自家用車を持たない人が増え、レンタカーやカーシェアリングなど、車の使い方が多様化してきています。 自家用車には、ETCを取り付けている車が随分増えましたが、車を借りたり、カーシェアリングを利用する際には、ETCが使えないのではないでしょうか。 たとえ機械がついていたとしても、カードがなければ使えないし、カードを作るのも面倒だし。。。 そこで考えたのですが、いまや一人一台は当たり前位に普及した携帯電話にETC機能を付けられないかということです。携帯電話なら、ほぼみんな持っているので、ケータイにETC機能がついていれば絶対便利だと思います。

2337:十分眠ったと感じられる薬

1日は24時間である。自分なりに時間管理を工夫していても、あともう少し時間がほしいときがある。 そんなとき、実際に眠った時間よりも多く眠ったと感じられる ような薬(できれば食品)があるとうれしい。

2338:フリーペーパー回収箱

最近はクーポンのフリーペーパーだけでなく、全ページカラーだったり、様々な分野のフリーペーパーがたくさんあります。そのフリーペーパーは持って帰っても見るとすぐゴミになっていないでしょうか?ゴミになっているフリーペーパーの回収箱を街やお店に設置し、回収されたもので 新しいフリーペーパーを作ってみてはどうでしょう。

2339:無線LAN基地局PCカード

最近のノートPCは無線LANを受信できるようになっている。しかし、電波が届いていないところが多い。そこで、会議室で1台のPCをLANケーブルにつなげれば、そこからすべてのPCが無線LANでインターネットにつながるように、PCに無線LAN基地局となるカードを接続できれば便利だと思う。USBで接続できればさらに便利である。

2340:現場監督の人材派遣

工事業界の中堅・中小企業で、現場監督が不足しているし、育たない。まだまだ、現役を退いてはいるが、ベテランの現場監督がいる。この人たちを斡旋就業していただくと日本の工事業界は大助かりということになる。さらには、この人たちに次の後継者を実践教育してもらったら、さらによい。 人材派遣業と技能者実践育成とをやるような機関があると 日本の工事業界は大助かりということになるだろう。

2341:薬の効用

人は四季や流行などで病に犯される事が多い。風邪を引いている時に、持病の薬を同時に服用しないといけない時がある。色々な持病のある人は、食後食間薬を飲む事になる。其処で胃腸・脳・その他の部位ごと薬調合出来る様になれば、飲む種類など簡潔になれば間違いもなく、忘れる事も少なくなりはしないかと思う。最近はガンを治す事が出来るという医学が発達した。 更にもう一段上を目指したいものだ。

2342:ベクトル合わせ機

新しい仕事はやっているうちに、どんどんとやり方が変わっていく。複数で仕事をしていると、どんどんと方向が違ってくる。そういう時に、自動修正できればと思う。ダイフクの日に新た館で、2つのピッキングの機械が同じレーンを高速で動きながら、ぶつからないのを見た。もうすぐ4台が同時に動く機械も展示される予定。人と人の間の調整の仕組みは組織ごとに 開発しないといけないが、機械で自動調整できば便利になる。

2343:掃除レス

掃除しなくてよいエアコン、お風呂はすでにある。 同じように、掃除しなくてよい洗濯機、ガスコンロ、換気扇なども開発して欲しいものです。

2344:時間を生み出すソフト

誰にとっても時間は有限であり、如何に充実させるかで、その人の人生が決まる。 時間をマネジメントするための第1歩は、どのように時間を過ごしたかを振り返ることであるとよく言われる。 そこで、パソコンを使っているときは、何時何分~何時何分までは、このファイルとこのファイルを使っていたとか、この時間は、ネットでこのページを閲覧していたなどが時系で分かるものが自動作成されると、 1日の振り返りがやり易い。

2345:冷蔵庫の在庫確認機械

わさびやからし、牛乳など、買って帰ると冷蔵庫にあったりしませんか。 まだ賞味期限もあってもったいない時がたまにあります。そんなことを防ぐために、材料を買ったら冷蔵庫に記入できる機能をつけて、携帯と連携させて、冷蔵庫の中を確認できる機能があれば便利だなと思いました。もうすでにある機能かもしれませんが・・・。

2346:マッサージハンド

最近、枕が合わなくなったのか寝ておきると爽快な朝ではなく、肩凝りがひどい。寝違えたように首をまわすこともできない。 数年前にテレビで強い肩揉みは気をつけないと筋肉細胞を壊してしまい、痛みを解消させたと勘違いさせて肩凝りを慢性化させていると言ったような内容をみて以来、肩揉みはやめ、湿布を張ったり、ストレッチをおこなうなどして解消してきた。すると以前のように肩凝りに悩まされることもなくなっていたのだが、最近はどうもそうはいかない。。。 家族が交代で優しくマッサージをしたり、肩を擦ってくれるのだが、長い時間になると申し訳なく思ってしまう。自分で人の肩をマッサージするように自分の肩も触れるといいのになぁ~と良く思う。せめてマッサージしてくれている家族の手が疲れないような手袋があると嬉しい。手袋をはめると相手の肩を温め血行を促進しながら、自動的にツボや血行の悪いところを察知してマッサージできる、それでいてマッサージしている自分の手も癒される。 そんな夢のような手袋があると嬉しい。

2347:傾向で分類してくれるシステム

毎日ワード・エクセルなどで資料を作る。また資料が送られてくる。ダウンロードする。気がつけば、すぐ未整理データが山のようになってしまう。 現状では、ある程度溜めておいて、ファイルを見ながら仕分けをしたり、フォルダを新しく作ったりして整理をしている。 これをある程度溜めておいた状態から、ひとたび「整理」の指示を出せば、ファイルごとに「ここに移動させていいですか?」というシステムからの問いかけがあれば非常に助かる。整理の仕方がまずいものについてのみ修正してやればいいし、その繰り返しがシステムを成長させ、こちらの想定する整理の仕方に近づいてくれるならなお良い。 未整理ファイルというのはどうしても出てしまうもの。 また、急いで作ったためにファイル名が中身を反映していないものなどがあるが、これらも整理できるなら最高である

2348:女性の男性化・男性の女性化に着目したビジネス提案

最近、男性用の商品やサービスを女性が積極的に利用する ケースが多くなっているそうである。 例えば、化粧品。もともと化粧品などは、女性専用のものであったが、いまや男性化粧品の市場は確立されたものとなっており、男性ならではのものも多く発売されている。あえてその男性用のものを利用している女性が結構多い。薬用のメントール入りのシャンプーや、制汗シート、ヘアワックスなど。。男性用のもののほうが効きがいいからと言うことである。 また、理髪店を利用する女性客も増えている。ここで髪を切るのではなく、「顔剃り」をやってもらうためである。化粧の「のり」が違うそうである。店によっては、1ヶ月の来店客数が、男性よりも女性のほうが多い店もあるらしい。 このように見ていると、「女性の男性化」に焦点をあてたビジネスは、まだまだありそうである。 逆に、「男性の女性化」ビジネスというのも、何か考えられるかもしれない。

2349:スーパーシステムキッチン

最近では、どの家にも食器洗浄乾燥機があるらしい。 我が家にもあるが、多分に活躍していない。使ってみれば、非常に便利であると思う。更に、乾燥し終わったものが、そのまま機械の中に残っているのではなく、自動で食器棚へ移動し、きれいに分類分けしてもらえると、更に便利になると思う。

2350:カードにお気に入り絵柄サービス

様々なカードがサイフに入っているが、カードの絵柄は実に様々ある。 最近では、人気キャラクターとの連携もあったり、ゆるキャラのような癒し系のキャラクターを用いるところも多い。しかし、大体、1~2種類指定されたものの中から選ぶことが殆どで、中には自分好みのものあれば、そうでないものもある。  もし、申込時などに、自分の子供のとびっきりの笑顔とか、ペットの画像、好きな絵柄を添えて渡せば、カードの柄を好きな画像にすることができれば、より毎日の生活の中でカードを使うことが楽しみになるではないだろうか。