HOME > 経営技術ライブラリ > 続・仕事辞典 > 第1章:身につけておくべき産業人の常識

続・仕事辞典
“産業人”を「価値を生む社会人」と定義し、まず身につけておくべき基本的な考え方や仕事の実務的ノウハウについて重要テーマを100厳選し、読者の「転ばぬ先の杖」になるようにとの想いで編纂しています。

0.「若さ」は産業社会の必須条件

◇人間的魅力のある若さが重要

1.若さとは

産業社会でいう「若さ」とは、肉体的年齢のことを言うのではない。常に夢を持ち、プラス思考で、知恵を出し、工夫し、未来に可能性を持って挑戦する姿を指すという理解をしておくのがいいだろう。「若さ」とは人間的魅力であり求心力となる。

愚痴を言う、弁解する、自己弁護する、マンネリ化し、結局は自分に負ける。このような姿は、肉体的に若くても「老い」の姿である。「若年寄」と言われないような生き方をしたいものである。


2.挑戦する

失敗とか礼儀の無さは、一般的に30歳未満は許されるし許さなければならないという社会通念がある。この通念は失敗とか礼儀作法などで、挑戦意欲を無くさせないということを大切にするという考え方が基になっている。挑戦意欲とは若さの象徴である。