HOME > 経営技術ライブラリ > 続・仕事辞典 > 第1章:身につけておくべき産業人の常識

続・仕事辞典
“産業人”を「価値を生む社会人」と定義し、まず身につけておくべき基本的な考え方や仕事の実務的ノウハウについて重要テーマを100厳選し、読者の「転ばぬ先の杖」になるようにとの想いで編纂しています。

9. チャンスは挑戦するものだけにくる

◇チャンスを自分のものにする

1. チャンスを自分のものにする

自分の都合で生きていこうとすればするほど、チャンスは巡ってこない。自分から色々な機会を探したり、与えられたものを受け止めて、積極的に挑戦する。挑戦する中で自分を活かす工夫や努力をすることで、チャンスを自分のものにすることが出来る。

2.負荷の変動にも対応できるようになる

チャンスは自分に都合よく巡ってはこない。皮肉なことに忙しくしている時にこそ舞い込んできがちである。 先手必勝の行動は過負荷を均すのに大いに役に立つ。

とはいっても、どうしても特急的飛び込みがある。この対応をするかどうかが「仕事の出来るヤツ」という評価となり、ひいては、自分の「素晴らしい人生」を形成する転機になるということが少なくない。真面目さ・一生懸命さは、このような時にこそ評価されるということを知っておきたい。