素人小説

素人小説~ショートショート小説~

「素人小説」は1997年頃にBSO西山が書いたものです。
フィクションではありますが、長年、産業社会で活躍してきた西山の考え方、生き方が散りばめられた内容になっています。当時の時代背景と共にお楽しみください。第1回ごとに完結する超短編小説です。

※全部で第25回まであります。随時、更新していきます。

第1回 「某社長の情報生活」

出張先での朝 3つの電子メール 電子化の月例業績・戦略検討会
日々の営業展開をパソコンで把握 プロジェクト活動へのアドバイス インターネット社長会出席

第2回 「世界の中小企業をめざして」

皆の心配 恐怖感に駆られて行きだした海外 不安に駆られて軌道修正
気楽な海外視察 海外での付き合いのなかで 世界の民のために事業する

第3回 「某社長の読書」

読書とはほかの人の財産をもらうこと まず手間暇がかけられた書物に感心する
わくわく短文探し 朝の床入り

第4回 「某社長の葛藤

これが閉塞感なのか 社員への虚しい期待感 「もやもや」の整理
自分の怠慢が結局原因 経営者の役割は何か 考働する経営者による
顔の見える経営者もめざす 自分の意志を常に伝える 考える社員を創る
60周年事業に取り組む

第5回「某社長、リストラを開始する

将来に対する不安 経営者である自分の仕事 リストラとは何か
無効コストの排除から 2つのプロジェクトチームの誕生 変身とともにプロジェクト活動の開始
必達意識は想像を絶する場面を創る 久しぶりの飲み過ぎ 決意
60周年事業に取り組む

第6回 「某社長の交友

大学生時代からの友人たち 就職時代 故郷に帰って
異業種交流会の設立の話 準備会に出て 色々な人への誘い
富田の事業失敗 事業がうまくいっているときだけが友達か 異業種交流会への想い

第7回 「嫌な人間」

招かれざる客 肩書きがなければ無能者 嫌々付き合うようになった
未来のない人間との付き合い 人をけなす 自分を主張することの天才
人のセイにする 今日もまた

第8回 「某社のリストラとリエンジニアリング」

経営者の後悔と決意 企業は環境適応体 リストラの動機
企業診断 上西常務の一言 リエンジニアリング会議の開催
混乱と不安で始まった会議 未来に向かっての手術に着手する

第9回 「未来への想い」

勉強会の開催 世界のひとつ化 高度情報化社会の到来を迎える経営を目指す
共存共栄がこれからの「事業」の基本

第10回 「人が商品」の企業づくり

定年を設けず 人が来ない 働く意欲を大切に
社員が商品 マルチエンジニアを狙う 期待に応えられる社員づくり
感動に応える企業づくり お互い納得で毎年更新する契約勤務

第11回 「シリコンバレーでの決断」

一歩早かったITとの関わり 父親の事業 父親の事業の引継ぎ
インターネット・ビジネスの危機 インターネット・ビジネス変身 父親の会社を引き継ぐ

第12回 「新米経営者の勉強

これまでの上西 突然の事業継承 無知な経営者 露頭に迷う 答えを探す日々
情けない自分 応えてはくれない本 偶然の出会い 頼もしい松坂のアドバイス 経営者としての成長できる場

第13回 「後継者選び

親父の死 山田の歩み 山田の周囲 後継者候補の動き 山田専務の発言
鈴木専務の発言 情けない自分 後継者決定 一応の卒業

第14回 「後継者選び

「自分」を打ち出したい欲から 口を出さなかった親父 信望をなくす
番頭たちの危機意識 全く保守的になった佐藤 押し付けられた米国視察
アメリカでの刺激 経営はロマン 山田への感謝

第15回 「違い過ぎる経営者

まったく知らない2人 宮城という人間
藤井という人間 ふたりの関係

第16回 「電子化による組織づくり(前編)

親父に及ばない大角 経営者に相応しくない大角 コンピューターが分からない大角
立花との出会い パソコンとの出会い パソコンを触る
電子掲示板を使った 早速の活用 何に使うか
電子掲示板による組織運営の開始

第17回 「電子化による組織づくり(後編)

電子化主力は電子掲示板「相連報メニュー」 何処にいても何時でも参加できる大角の「相連報」
「相連報メニュー」で分かる全体の動き 「仲間」ボタンは全員が参加できる掲示板
総合力発揮の土壌づくりが進みだした 「電子役員会」で役割を発揮し始めた役員
ナレッジマネジメントが抽出する宝発言 大角の電子化による「全員参画経営」

第18回 「安易な採用はお互いを不幸にする

哲夫の会社 将来性を見出せない 時代に逆行なのか
我が社が求められる理由 物言う下請け/営業活動の開始 招かざる客からの脱皮
工場長に営業を手伝ってもらう 新しい営業担当者島添の採用 営業を知らない島添
島添の豹変 島添の攻撃 安易な採用はお互いを不幸にする
Back TO TOP