素人小説

素人小説~ショートショート小説~

「素人小説」は1997年頃にBSO西山が書いたものです。
フィクションではありますが、長年、産業社会で活躍してきた西山の考え方、生き方が散りばめられた内容になっています。当時の時代背景と共にお楽しみください。第1回ごとに完結する超短編小説です。

※全部で第25回まであります。随時、更新していきます。

第1回 「某社長の情報生活」

出張先での朝 3つの電子メール 電子化の月例業績・戦略検討会
日々の営業展開をパソコンで把握 プロジェクト活動へのアドバイス インターネット社長会出席

第2回 「世界の中小企業をめざして」

皆の心配 恐怖感に駆られて行きだした海外 不安に駆られて軌道修正
気楽な海外視察 海外での付き合いのなかで 世界の民のために事業する

第3回 「某社長の読書」

読書とはほかの人の財産をもらうこと まず手間暇がかけられた書物に感心する
わくわく短文探し 朝の床入り

第4回 「某社長の葛藤

これが閉塞感なのか 社員への虚しい期待感 「もやもや」の整理
自分の怠慢が結局原因 経営者の役割は何か 考働する経営者による
顔の見える経営者もめざす 自分の意志を常に伝える 考える社員を創る
60周年事業に取り組む

第5回「某社長、リストラを開始する

将来に対する不安 経営者である自分の仕事 リストラとは何か
無効コストの排除から 2つのプロジェクトチームの誕生 変身とともにプロジェクト活動の開始
必達意識は想像を絶する場面を創る 久しぶりの飲み過ぎ 決意
60周年事業に取り組む

第6回 「某社長の交友

大学生時代からの友人たち 就職時代 故郷に帰って
異業種交流会の設立の話 準備会に出て 色々な人への誘い
富田の事業失敗 事業がうまくいっているときだけが友達か 異業種交流会への想い
Back TO TOP